うつ夫とパニコの人生いろいろ

これは過去にうつ病になった夫とパニック障害になった妻の物語。ゆる~い四コマ漫画とともに人生いろいろな日々をお届けします。

妊娠中の気分の落ち込みや不安感。これってマタニティブルー?

f:id:utsupani:20200619092628j:plain

f:id:utsupani:20200619092607j:plain

f:id:utsupani:20200619092606j:plain

f:id:utsupani:20200619092604j:plain

最近になって、急に気分が凹んでしまったり、不安感に襲われたりすることが増えてきた。

訳もなく急に泣きたくなったりすることもある(汗)

 

これが、マタニティブルーと言うヤツなんだろうか??

 

 

妊娠すると、多くの人がこういった気分の落ち込みを経験するというが、本当に不思議なものである。

「ホルモンバランスの変化」などと一言で言われるけれど、そうした身体の変化が、心に与える影響はとても大きいのだなとつくづく感じる(汗)

 

また、「親になる」ということへのプレッシャーも、心のどこかにあるのかもしれない。

 

そんな訳で、最近はちょっぴり情緒不安定な日々を過ごしている。

 

 

でも、パニコはもともと不安症だし、パニック障害を乗り越えた経験があるお陰で、人よりは少し、こうした情緒不安定さとつき合うことに慣れている(笑)

 

以前は、気分が落ち込んだり、不安になったりしたら、たちまちその感情に呑まれてしまっていたが、今は「一時的な波」であると思えるようになった。

 

そして、泣きたい時は泣けばいいと思うし、呼吸を軸にした自分なりの方法で心をリセットすることも覚えた。

 

「凹まないこと」や「不安にならないこと」はパニコには難しいけれど(汗)、凹んだり不安になったりしても、それに対応することならできる。

そうやってつき合っていければいいのかな、と思うのだ。

 

冒頭の四コマでも描いた通り、うつ夫もまた、度々プチうつに襲われることがある。

(これもマタニティブルーなのか?それとも梅雨の気象病?)

彼も、もしかすると、どこかで親になるプレッシャーを感じているのかもしれない。

 

こんな感じで、夫婦共に不安定な二人である(笑) 

 

傍から見たら、こんな不安定な二人は、親としてとても頼りないと感じるだろう(汗)

確かに心配な部分も多々あることは否めないが、完璧な親など決していないのだ。

 

赤ちゃんが生まれたら、きっと上手くいかなくて、もっと情緒不安定になるかもしれない。

きっと、浮き沈みしながらやっていくんだと思う。

 

でも、その時が来たら、私たちなりにできることを精一杯やるのみだ。

子育てしながら、たくさんたくさん学ばせてもらおう。

 

できる親にはなれないけれど、子育てを通じて、自分自身も一緒に成長していけたらいいな、今はそんな風に思っているパニコであった。